メガネとコンタクトと歌

近視、乱視(ちょっとだけ老眼)です。

手前の「紅子ちゃん」は長いこと毎日使っているのですが、だんだん夜の運転が怪しくなってきて、一昨年、運転用に一番奥の「ザマスさま」が登場しました。

それで数年過ごしましたが、日常使いもちょっと見えにくくなってきたので、新入り、「まるちゃん」が新登場(遠近は入れてない)。

度数はさほど変わってはないのですが、乱視が更にちょっと乱れている、らしく。店員さん曰く、近視の度数と乱視の補正、どんなバランスで入れるかは正解はなく、本人がどう見えるかが大事とのことで、とても細やかに、いろいろな方向で試してくれました。おかげさまで、まるちゃん、快調です。

思えば、ボイストレーニングも同じなんだよなあ。正解はなくて、いろいろなバランスをとりながら、本人の持ち味を最大限に引き出せるように、いろいろ試しながら進んでゆくわけで

眼科で、使い捨てコンタクトも新しく処方してもらいました。女性スタッフとこれまたざっくばらんに話ながら、彼女「じゃぁ、この度数で試してみましょうね」とコンタクトが入っている引き出しの方へ移動しながら ♪シャランシャラン〜〜〜♪ とな。

あら鼻歌なんて歌っちゃって、ノリのいいスタッフさんだわね。と思っていたら、「斜乱視、しゃらんし、、、」と呟いていただけだと判明。(私、斜めに乱視が出ている斜乱視なんだそうな)

どこへ行っても何をしていても、歌や音楽と思考が結びついてしまう、さとこでありました。

9月の朝顔

毎年9月になると、我が家の朝顔はようや本気を出します。必ず忘れずこの時期に。ちゃんとDNAに刻まれているのだなぁ。

最近しみじみ思うのは、私には「うみださずにはいられない」「自己表現するのは当たり前」というDNAが刻み込まれているのかもねぇ、、ということ。かっこよく言えば、クリエイトする、創造する、アーティスト、ということなんだけど、別にかっこよく言わなくてもいい。

世間ではよく「幸せに生きるために、自分の心を見つめよう」「自分軸で生きよう」と言われていますが、それは自己表現をしている私にとっては大前提のこと。だから、、、組織に属せない、社会にあまり適応できないなどナド、見方によってはマイナスと感じられる点もあるけど、自分の人生に不満はないわけです。

みんなも、もっと自己表現したらいいのに。歌を作って歌うことだけじゃなくて、絵を描いたり、文章を書いたり、他にも色々あるから、やったらいいのに。なんでしないんだろう?それが商売に結びつこうが、つくまいが、そんなことは関係なく、やったらいいのに!こんなに充実できるのに!何でうみださないんだろう?

・・・と度々感じていたのですが、いやいや待てよ、これは良し悪しではなくて、DNAに何が刻み込まれているのかの違いなのかも?と、朝顔を見ながら、思い始めているわけです。

鴨と私


(※ここに簡単にスマホの動画を貼ることができなかったので、上記二枚は動画のスクショです。Facebook→ochiaisatoko、Instagram→otiai.satokoでは、動画と文章を両方お楽しみ頂けます)
◾️ 落合さとこ関連 URLまとめ  ◾️

lit.link


数日前に、SNSに、鴨のカップルの動画を投稿しました。我が家の目の前の田んぼの光景です。(一つ目の写真=動画のスクショ)。2時間くらいずっと同じ場所にいた仲良しカップルです。
.
そして、その数時間後、突然雷がとどろき、豪雨になりました。田んぼをのぞくとまだ鴨がいます(二つ目の写真=動画のスクショ。あの日は投稿しませんでした)。撮影後に、カメラのアングルには入らないところに、もう一羽がいたことに気づきました。よかった。これだけ長時間いるということは、よほどこの場所が気に入ったのでしょうか。
.
それから更に2時間後。雨があがり、先ほどの場所に目をやると、さすがに鴨はいませんでした。「だよね」。
.
けれども、鴨の代わりに、ベージュ色をした楕円型の物体があります。家の中からではよく見えませんが、まさか?あんなところに?でも、そうだったらどうする?
.
夕飯のお米を炊く準備の真っ最中だったので(精米機にかけたりなんだかんだと)、急いで終えてから、確認に走りました。
.
「あぁ!」それは、やはり、たまごでした。
.
そして、更に、的中して欲しくなかった方の予感が、的中していました。目を離した数分の間に何者かに割られて、中が食べられていたのです。白身のようなものが少し残っていました。田んぼには白鷺がいました。犯人が誰かはわかりませんが、とにかく田んぼには白鷺がいました。


.
なんであの時、わたしはすぐに確認に行かなかったの?いや、たまごが無事だったとしてもわたしには何ができた?鴨のカップルは何故この場所にたまごを?どうやって子育てするつもりだったの?孵化する可能性がなさそうだから見捨てなの?ってか、なんでわたしはすぐに確認しに行かなかったの?
.
と、ぐるぐると。
.
あとで二本の動画をよく見てみると、鴨のとなりに既にたまごが写っているではありませんか。全く気づいていませんでした。
.
翌日もその場所に行くと、たまごの殻すらほとんどなくなっていて、ちいさなカケラが残っていました。田んぼには白鷺がいました。この日は気温が急上昇して田んぼはカンカン照り。たまごのカケラもカラカラです。
.
身を隠すことも日差しをさけることもできない丸見えな場所では、コガモちゃんが無事に巣立ってゆける可能性はとても低かったに違いありません。あれから姿を見せていない鴨のカップルは元気にしているのかしら。
.
「あぁ・・」思いを馳せながら小さなため息、そして今朝も目玉焼きを食べるわたし。にんげんって、なんなのでしょう。

田んぼの満月


田んぼに映った満月。 

夜8時頃の我が家からの風景。
街の灯りがない分、月の明るさが際立ちます。

だけれども、その光はまやかし。
さも自分で輝いているかのように私たちに錯覚させるけれども、
そうではないのですよね。

「月の欠損」(マドモアゼル愛さん提唱)という考え方に出会った時に、
なるほど!と、膝を叩きました。
そして、月の危うさもしみじみと感じるようになり、
空を見上げて、月を、特に満月を、見つめるということがなくなりました。

むかしの人たちは、月を水面に写してお月見をしたそうですね。
盃に映った月を飲み干すことで月から解放される、といったような話も聞きました。

だから、わたしは田んぼに映った満月を楽しみます。
カエルの合唱は月を揺らし、山の端まで響いてゆきます。
なんて贅沢な夜。サイコー。

何はともあれ、春です

へっくしょ〜んっ!!
と、豪快な花粉症くしゃみが止まらないですが、
何はともあれ、春です。

いろいろな人に会い行ったり
いろいろな人が我が家に訪れてくれたりで
たくさんのアイディアが湧いてきています。

わたしの大切な歌の一つである「卒業」の
サブスク化の手続きを、先ほどしました。
卒業シーズンの今、聴きたい!との意見を頂き、
即、行動!
数日後から、お楽しみ頂けると思います。

もっと早くやっておけばよかった、、、、
いっそのこと、来年にしようか、、、
なんていう、いじいじモードは、さようなら〜。

他にも、春だからこそやりたいことがある。
完璧じゃなくても、い・い・の。
ひらめきを大事に、いくぞ〜!

猫髭うたたね舎より

2023年も9日目。

よく食べ、よく呑み、よく眠り、
よく怒り、よく笑い、よく喋っています。
つまりは、元気です。

今年の、大きなイメージや、
ちっちゃな心の動きについては、
明後日1/11、今年初放送の「落合さとこ ラジオ招き猫」で
お喋りしたいと思います。

ここ数日は、
「山口でうまれた歌」公式サイトの引越をしたり、
14ヶ月ぶりに自宅から生配信をやることを決めたり(1/28,29)、と
地味ですが、大切な、影の作業をあれこれと。

デスクワークに欠かせないのが、湯たんぽブーツ。
これを履いて、ぬくぬくで過ごしています。
みなさんも足元をしっかりと温めてお過ごしくださいね。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


❤ ライブのご依頼、お気軽に
落合さとこ http://ochiaisatoko.com

❤ コンサートのご依頼、お気軽に
ギターで歌う 童謡唱歌 https://www.doyosyoka.com/

❤ こちらはアドレスが引越ました
山口でうまれた歌 https://nekohige23.wixsite.com/yamauta